山の資料
Top Page
 
 山小屋
 山用語

山関連検索
 あいまい検索 :
 

ログイン
mail & pass


サイト
 Mountain's World
 管理者へ連絡
 
 このサイトについて
 リンクについて
 プライバシーポリシー
 Q & A
 
copyright yamadon.net
2002-2018 All Rights Reserved.


 
山用語 区分(3441:装備・雪山・スキー)、あいうえお順
 
・エッジ [2]  えっじ edge
    縁、へり、かど。
    スキーでは、スキー板の両側にある「縁、へり、かど」の部分。金属であることが多い。
・クトー くとー le couteau(仏)
    スキーアイゼンともいい、スキー板に装着して登攀しやすくするアイゼン。本来は、仏語でナイフのこと。
     【同義】⇒スキーアイゼン
・シール しーる seal
    雪の斜面を登るため、スキーが滑らないようにする山スキーの道具。ナイロン製で専用の接着剤でスキーの裏面に固定し、スキーを履いたまま斜面を登ることができる。以前は、アザラシ(seal)の皮を使っていた。
・スキーアイゼン すきーあいぜん (和)
    スキー板に装着して登攀しやすくするアイゼン。
     【同義】⇒クトー
・スキー板 すきーいた 
    スキーの本体部。
・スキーストック すきーすとっく ski stock
    スキーで使用する杖。単にストックとも言う。
・ストック [2]  すとっく stock
    スキーで使用する杖。単にストックとも言う。
・スノーリング すのーりんぐ snow ring
    スキーのストック、雪山用のストックの下部に付いていて、雪に潜るのを防ぐ機能をもつ輪状の部品。
・ビンディング びんでぃんぐ binding
    スキー板とスキー靴を接合する、スキー中央部分に設置された器具。
・雪輪 ゆきわ 

《表示数:10》