山の資料
Top Page
 
 山小屋
 山用語

山関連検索
 あいまい検索 :
 

ログイン
mail & pass


サイト
 Mountain's World
 管理者へ連絡
 
 このサイトについて
 リンクについて
 プライバシーポリシー
 Q & A
 
copyright yamadon.net
2002-2018 All Rights Reserved.


 
山用語 区分(3273:山語・社会・組織)、あいうえお順
 
・RCC あーるしーしー rock climbing club(固有名詞)
    ロック・クライミング・クラブの略。大正13年に関西を中心に藤木九三らが設立した岩登りのためのクラブ。日本のロッククライミングの基礎を築き、昭和7年に解散した。
・RCCU あーるしーしー2 rock climbing club U(固有名詞)
    第二次ロック・クライミング・クラブの略。RCCUは、戦前のRCCに対して、昭和30年代に関東を中心に奥山章、望月亮、二宮洋太郎、山川淳、松本龍雄、上田哲農などによって結成された先鋭的なクライミング集団である。谷川岳のバリエーションルートの開発、クライミングのグレードの見直し、埋め込みボルトの導入、海外遠征隊の派遣などをおこなった。
・ICC あいしーしー International council for competition climbing
    UIAA(国際山岳連盟)のクライミング競技部門の団体。国際競技クライミング評議会と訳す。クライミング競技の国際大会のルール・ブックなども作成しワールドカップ大会をも運営する。

・アルパイン・クラブ あるぱいん・くらぶ alpine club
    山岳会を指す。日本山岳会(1905設立)は、「Japan alpine club」。特に山岳会として最初にできた英国山岳会(1857設立)だけは、国名をつけず、「(The) alpine club」と名乗っている。
・山岳会 さんがくかい 
    社会人が集まり登山するためのクラブ。
・山岳部 さんがくぶ 
    学校におけるクラブ活動として登山を目指すクラブ。
・シエラクラブ しえらくらぶ Sierra club
    アメリカ・サンフランシスコに本部を置く環境教育保護団体。1892年にジョン・ミューア(John Muir)により創設した山岳会だったが、後に自然保護団体として活躍するようになった。最近では諫早湾干拓事業などについても発言している。
・JFA じぇーえふえー Japan Free Climbing Association
・日本山岳会 にほんさんがくかい The Japan Alpine Club
    1905年(明治38年)、日本で最初に創立した山岳会。ウォルター・ウエストンらの勧めにより小島烏水ら7名により設立。初代会長、小島烏水。日本の登山史に大きな役割を果たしている。
     【参照】⇒http://www.jac.or.jp/
・日本山岳協会 にほんさんがくきょうかい JAPAN MOUNTAINEERING ASSOCIATION
    文部科学省のスポーツ関係の予算配分先でもある財団法人・日本体育協会の配下にあって、その山岳スポーツ部門を取り仕切る文部科学省の管轄の公益法人。全国47都道府県山岳連盟(協会)を配下に持つ。登山家が作った、いわゆる山岳団体でなく、官によって作り上げられた管理用の団体である。
     【参照】⇒http://www.jma-sangaku.or.jp/
・日本フリークライミング協会 にほんふりーくらいみんぐきょうかい Japan Free Climbing Association
    フリークライミングの普及を目指す団体。1989年にコンペ開催のために設立。競技会(ジャパンツアー)、雑誌の発行、岩場の整備をおこなうボランティア団体。年会費3000円で雑誌を送付してくれるが、この収益金で運営が成されている。
     【参照】⇒http://homepage2.nifty.com/JFA/
・ハイキングクラブ はいきんぐくらぶ (和)
    ハイキングを主目的とするグループ。
・UIAA ゆーあいえーえー Union International of association Alpinists
    国際山岳連盟。クライミング用具の安全基準なども作成している。

《表示数:13》