山の資料
Top Page
 
 山小屋
 山用語

山関連検索
 あいまい検索 :
 

ログイン
mail & pass



Mountain's World

管理者へ連絡
このサイトについて
リンクについて
プライバシーポリシー
Q & A
copyright yamadon.net
2002-2017 All Rights Reserved.

資産アップFX


 
山用語 
 
・ライクラ らいくら Lycra(商標)
    米国デュポン社のポリウレタン系繊維の登録商標。高品質ストレッチ繊維。1959年に米国デュポン社で開発、日本では1964年に東レ・デュポン社が生産販売開始。
     【分類】⇒3466:装備・知識・素材・生地
・ライト らいと light
    一般的には明かり全般を示す言葉であるが、登山用品では、懐中電灯、ヘッドライトを指すことが多い。このほか、広義には、ランプ、ランタンなどもライトの一つである。
     【参照】⇒ヘッドライト
     【分類】⇒3410:装備・一般
・ライフジャケット らいふじゃけっと 
    泳ぐことが予想される沢登りで使用する。泳げない人には、ぜひ、必要な沢用具のひとつ。
     【分類】⇒3430:装備・沢登
・ライフツール らいふつーる life tool
    ナイフなどサバイバル用品をコンパクトにまとめたもの。
    特に小型のねじ回し、ペンチなどをセットにしたものを指すことが多いが、定義というのはない。

     【分類】⇒3410:装備・一般
・ライペン らいぺん (商標)
・楽山荘 らくざんそう (社名)
・落石 らくせき 
    石が、雨や雪でゆるんだり、風化、人為的行為により、落ちること。岩場では、落石が頻繁に起こる。雪崩れなどと共に注意が必要。落としてしまったら注意を促すために「ラクッ」とコールする。
     【分類】⇒3510:自然
・ラクッ らくっ 
    落石があった時、起こした時に、注意を呼びかけるためにコールする言葉。
    発音が英語の rock に似ているため、ほとんど世界中で通用する。

     【分類】⇒3210:山語・一般
・ラジウス らじうす Radius(社名)
    灯油コンロ。かってスウェーデンのラジウス社が作ったために灯油コンロの代名詞として使われた。【氷壁-井上靖-P104】
     【分類】⇒3414:装備・一般・食
・ラダー らだー ladder
・ラッシュ・タクティクス らっしゅ・たくてぃくす rush tactics
・ラッセル らっせる Russell(和)
    深い雪を踏み分けながら、道を切り開いていくこと。
    語源は除雪(ラッセル)車を考案したアメリカ人、Russell から来ている。和製外語。
    雪山でのラッセルは、非常に体力を消耗するので交代に行うのが普通である。ひとつのパーティの中でもそうだし、複数のパーティであっても、交代する。ラッセルを人に任せ、体力を温存し登頂するのを「ラッセル泥棒」という。

     【分類】⇒3340:技術・雪山
・ラップ らっぷ lap
・ラッペリング らっぺりんぐ rappeling
・ラッペル らっぺる rappel
・ラッペルボルト らっぺるぼると rappel bolt
    クライミングルートを作る場合、懸垂下降によりボルトを埋めていくこと。
    昔は、クライマーが登りながらプロテクションを埋めなければならなかった。これをグランドアップという。それは、「山頂を極める通過地点として岩場を登るのがクライミング」という概念が根強く残っていたからと思われる。しかし、クライミング自体を楽しむというクライミングのスポーツ化の中で、スポーツルートをより楽に作る方法として、懸垂下降しながら、電動ドリルを利用して、岩にボルトを打ち込むのが当たり前になったきた。

     【分類】⇒3320:技術・登攀
・ラバーソール らばーそーる rubber sole(古)
    ゴム底。フラットソールの古い名称。「フラットソール」という呼び名が一般化し、「ラバーソール」は、語彙としては、ほとんど使用されなくなった。
     【同義】⇒クライミングシューズ
     【分類】⇒3420:装備・登攀
・ラビーネ らぴーね Lawine(独)
・ラビーネンツーク らぴーねんつーく Lawinenzug(独)
・ラフマー らふまー lufma(商標)
・ランジ らんじ lunge
    ムーブのひとつで、反動をつけてホールドを取りに行くムーブ。デットポイントと同じような動作だが、ランジは動的でジャンプする感じ。
     【分類】⇒3322:技術・登攀・ムーブ
・ランタン らんたん lantern
    携帯用の小型のランプ。燃料として電池、カスカートリッジ、灯油によるのもがあり、ロウソクもランタンの一種。
     【分類】⇒3410:装備・一般
・ラントクルフト らんとくるふと Landkluft(独)
・ランナウト らんなうと run out
    プロテクションの間隔が遠いこと。危険な状態になることが多い。
    「ランナウトしている個所」というと、危険な個所、緊張を強いられる個所を指す。

     【分類】⇒3325:技術・登攀・確保
・ランニング・ビレイ らんにんぐ・びれい running belay
    リードのクライマーは、取り付きからそのピッチの終了点に到る間に、墜落距離を出来るだけ短くするため、途中のプロテクションにロープをクリップしながら登ってゆく。この行為または中間プロテクションを「ランニング・ビレイ」という。
     【分類】⇒3325:技術・登攀・確保
・ランプ らんぷ lamp、lampe(仏)
    明かり。灯火。
    「ヘッドランプ」といえば、電池式が多いが、「ランプの小屋」といえば電気がなく油で灯(とも)す小屋を指す。

     【分類】⇒3410:装備・一般

《表示数:26》