山の資料
Top Page
 
 山小屋
 山用語

山関連検索
 あいまい検索 :
 

ログイン
mail & pass


サイト
 Mountain's World
 管理者へ連絡
 
 このサイトについて
 リンクについて
 プライバシーポリシー
 Q & A
 
copyright yamadon.net
2002-2017 All Rights Reserved.


 
山用語 
 
・ヨーヨースタイル よーよーすたいる 
    フリークライミングのスタイルの一つで、墜落した後は、手を離して休めるところまで降りて(1ピッチの場合は最初から)再びトライしながら登りきるスタイル。ロアーダウンスタイルともいう。数日かかるような長いルートの場合、あるいは昔のフリークライミングで、完登した基準のひとつとなる時代があった。
    フリークライミングは、ピトンを打ち付けて岩壁を登ることの否定として発展してきたが、最初から現在(2007年)のような考え方ではなかった。その中で、現在の「ハングドック」を許さない、つまり、フォールしたら、ハングドックさせず、最初(手を離して休めるところ)からやり直し(多くの場合自分でセットしたプロテクションはそのままで許された)た場合のみ完登とされることがあった。多くは、ビッグウォールのあるアメリカ、ヨセミテあたりでの基準とされた。
    しかし、その後、ヨーロッパの強烈な強さの前にスタイルの論争もあったが、結局、ヨーヨースタイルはすたれていった。
    もっとも、日本では、ビッグウォールが少ないのと、そこまで厳密なスタイルは、無視されていたようだ。

     【分類】⇒3221:山語・登攀・グレード
・溶岩ドーム ようがんどーむ 
    ねばりけの強いマグマが火口から出た時、そのまま火口のまわりに盛り上がり固まったもの。1991年の雲仙岳、有珠山の昭和新山が有名。
     【分類】⇒3511:自然・火山
・溶岩流 ようがんりゅう 
    噴火に伴って地表に噴出したマグマが流れているもの。
     【分類】⇒3511:自然・火山
・ヨセミテ よせみて Yosemite
    アメリカ・カルフォルニア州・シエラネバダ山脈にあり、ヨセミテ国立公園内の岩場。フリークライミング発祥の地とも言われ、大変な人気がある。
     【分類】⇒3630:地名・海外・クライミングエリア
・呼び子 よびこ whistle
    ホイッスルのこと。岩登りや遭難したときに遠くまで合図を送るために使用する。
     【分類】⇒3410:装備・一般
・予備食 よびしょく 
    通常食べる以外の予備のための食料・食事。非常食とは異なり、1日あたりプラス1食など、そのパーティの決まりに従って持っていくことが多い。
     【参照】⇒非常食行動食
     【分類】⇒3414:装備・一般・食
・よろい結び よろいむすび 
    ロープの中間に縮まらない輪を作りたい場合の結び方。慣れると簡単に作ることが出来るが、強い力がかかると結び目の輪が広がったり縮んだりする。強度は弱い。軽いもの、落ちても困らないものを引っ掛けるときに便利。
     【同義】⇒ハーネス・ループ
     【分類】⇒3360:技術・ロープ

    【利用】
    @1本のロープにいくつもの輪をつくることができ、テント生活で干し物、吊るし物のために使用する。
    【結び方】
    @輪を作る。交差はさせない。

    A矢印の方向に引っ張る。この方向がポイント。

    B形を整え引っ張って完成。

《表示数:7》