山の資料
Top Page
 
 山小屋
 山用語

山関連検索
 あいまい検索 :
 

ログイン
mail & pass


サイト
 Mountain's World
 管理者へ連絡
 
 このサイトについて
 リンクについて
 プライバシーポリシー
 Q & A
 
copyright yamadon.net
2002-2018 All Rights Reserved.


 
山用語 グレード
 
・グレード ぐれーど grade
    山の難易度を表す等級づけを言う。
    難易度は、登るスタイル、使用するギア、その山岳地域の状況、その時の天気などの状態、感性など普遍的に決めることできない要素が多い。それゆえ、多くの基準がある。
    イギリス:UKグレード
    フランス:フレンチ・グレード
    オーストラリア:オーストラリアン・グレード
    アメリカ:デシマル・グレード
    また、国際的な機関としてUIAA(国際山岳連盟)があり、ここでもグレードの表を出し、各国のグレードとの比較も行っている。
    日本においても、各種のグレードが存在し、どれが正しいと言う基準はない。フリークライミング(特にボルダリング)では、ソロバン方式と呼ばれる級・段による表記もあるが、一応、UIAAのグレードに準じてRCCUが定めたRCCUグレードとフリークライミングでよく使用されるデシマルグレードでの表記が多い。
    RCCUとデシマルグレードで表記されたグレードを敢えて簡易的に書くと次のようになる。
    しかし、下記の表は絶対ではなく、書物、人により差異がある。

     【参照】⇒RCCUグレードUIAAグレードUK・グレードデシマル・グレードフレンチ・グレード
     【分類】⇒3221:山語・登攀・グレード

    グレード
    RCCUデシマル 内 容
    T まったく易しい
    U 三点確保を要す
      ―
    V
      +
     やや難しい
    (ロープの確保が必要)
      ―
    W
      +
    5.2
    5.3
    5.4
    難しい
    (バランスを要す)
      ―
    X
      +
    5.5
    5.6
    5.7
    非常に難しい
    (高度なバランスを要す)
      ―
    Y
      +
    5.8
    5.9
    5.10a
    極度に難しい
    (極端に微妙なバランスを要す)
        5.10b
    5.10c
    5.10d
    5.11a