山の資料
Top Page
 
 山小屋
 山用語

山関連検索
 あいまい検索 :
 

ログイン
mail & pass


サイト
 Mountain's World
 管理者へ連絡
 
 このサイトについて
 リンクについて
 プライバシーポリシー
 Q & A
 
copyright yamadon.net
2002-2018 All Rights Reserved.


 
山用語 クライミング
 
・クライミング くらいみんぐ climbing
    一般には「登る」意味。山関係では、ロープを使用し、「手」と「足」を使って、岩や氷壁をよじ登ること、岩登りなどを指す。足だけで登る山登りとは一線を画す。登攀とも言う。
    「山に登る」には、普通、一般登山道を登るが、これに対して、バリエーション・ルート、略してバリエーションと呼ばれる一般ルート以外を登るものがある。バリエーションには、岩や氷壁を登るのを「クライミング」、沢を登るのを「沢登り」、冬山を登るを「雪山」、スキーを使用すると「山スキー」と呼んでいる。
    それまで、手足を使って岩や氷壁をよじ登ることを「岩登り」と称していたが、1980年代、インドア・クライミングが出現し「岩」だけとは限りなくなり、クライミングという言い方をするようになってきた。ロッククライミングという言葉は使用しにくい環境になってきた。

     【分類】⇒3211:山語・一般・スタイル