山の資料
Top Page
 
 山小屋
 山用語

山関連検索
 あいまい検索 :
 

ログイン
mail & pass


サイト
 Mountain's World
 管理者へ連絡
 
 このサイトについて
 リンクについて
 プライバシーポリシー
 Q & A
 
copyright yamadon.net
2002-2018 All Rights Reserved.


 
山用語 アイゼン
 
・アイゼン あいぜん Steigeisen(独)
    滑る雪面、氷面を登降するときに使用し、登山靴の底面に付け、滑り止めの爪のついた金具。ドイツ語ではシュタイクアイゼンが正しいのだが日本ではアイゼンと呼ぶことが多い。Eizenは鉄の意。
    また最近の英語化の流れからクランポンと呼ばれことも多くなった(フランポンは英語化した仏語)。
    アイゼンの種類は、4本爪、6本爪などの軽アイゼン、8本爪、10本爪のスタンダード、前爪を含め、11本、12本以上のアイゼンに分かれる。10本以上のものは、爪の角度により、縦走用、氷壁用、ミックス用に分かれる。また、アイゼンを登山靴に装着させるのに、紐式とワンタッチ式がある。材質は、クロームモリブデン鋼が多く、チタンやアルミ製も存在するが前者は軽量・耐食性に優れるが高価であり
    アルミ製は主に氷河トレッキング用もしくはスキー・スノーボーダーのバックカントリーのアクセス用で岩稜で使用すると爪が曲がってしまう。
    良く知られるメーカーにグリベル、ペツル、シモン、カジタックス等がある。

     【同義】⇒クランポン
     【分類】⇒3440:装備・雪山